企業理念

ビジョン

We keep producing ICT, with Passion 熱意を持ってICT製品やサービスを生み続ける We keep producing ICT, with Passion 熱意を持ってICT製品やサービスを生み続ける

ビジョン・ステートメント

  • デジタル技術を磨く。
  • ビジネス能力を高める。
  • コミュニケーションをとる。
  • 何事も楽しむ。

ミッション・ステートメント

  • 素直に。
  • モラルを持って、好感を与えられるように立ち振る舞う。
  • 学歴、職歴、能力の有無よりも、挑戦と成長を尊重する。
  • 独り勝ちしない。ビジネスの関係者へバランスのとれたベネフィットを。
  • ビジョンが同じエンジニアと働く。そして育成には全力を。
  • Enjoy!

トップメッセージ

1990年代後期からソフトウェアに可能性を感じ、これまで、多くのプロジェクトを完遂させるとともに、成長して参りました。

デジタル技術を磨く

我々エンジニアには、従来から、既存事業の効率化やコスト削減を目的とした事業に関わる重要な役割が期待される一方、最新技術による高付加価値化が進み、その価値創造を推進すべき要点が活用できる能力も必要となっています。

日々、前者である課題解決タイプと後者である価値創造タイプの両輪でデジタル技術を磨き、エンジニアの価値そのものを高めることが機会に向けて大切であると考えています。

ビジネス能力を高める

プロジェクトにおける「要望」は、主に取引先や協業先である相手が実現したい願いであり、開発を始めるには、要望を叶えるためのコストが高くないか、期間が足りるか、品質が満たせるか、そして、事業成果が上がるか、といった検討を要します。

検討には、システム面や経営モデル面を踏まえ、実現可能性を分析した結果をエンジニアである我々がコメントし、取引先や協業先との協議を経て「要件」が決まります。

このことからも、ビジネスそのものに関する能力が大切であることを理解しています。

コミュニケーションをとる

デジタル技術やビジネス能力は、同じ職場の仲間や他社の方といった様々な専門職の方々との意思疎通によって、培われたり、発揮されたりします。

エンジニアは、デジタルに関する技術力の向上に自己実現の価値や重きを置きがちですが、常日頃からデジタル技術とビジネス能力をコミュニケーションによって融合させ、社会的感受性を高める意識をもって活動しています。

何事も楽しむ

何事に取り組むにも高いマインドと低いマインドとでは、経験値に違いが生まれますから仕事も私生活もポジティブに取り組みます。

「ハレソフト(Halesoft)」という株式会社は、熱意をもってICT製品やサービスを生み出す「ソフト・ハウス」を創りたい、という想いから設立しており、社名は「Hale(家、建物["楽しい"ハワイ語])」と「Soft(ソフトウェア)」との組み合わせに由来しています。

ハレソフトの関係者から、信用できる「ソフト・ハウス」として更に認知頂けることを楽しみに名付けています。

社員と共に、これからも日々事業に精進していく所存です。
今後とも益々のご支援とご愛好を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役 桑原 伸輔